前の15件 | -

飼い猫そらの、ゆるゆる生活。甘えん坊っぷりが加速ですなあ。 [家の猫]

2021年9月。

関東も朝晩は涼しくなってきましたね。早朝は、肌寒いこともあるくらいです。

さて、我が家の飼い猫そら、についてです。2歳半のおんなの子・・・いや、猫の場合、もう成猫かな?ワタクシが在宅勤務で家にいる時間が増え、甘えん坊性格がますます加速であります。

しかし、可愛いから許す!・・・おっと親バカならぬ、飼い主バカですな。わはは。

某日。リラックス中のそら。仰向けビローン、警戒心ゼロ。

soso01.jpg
カメラを意識して、決めポーズ!?

soso02.jpg
たまに、空のごみ箱に入り込んでみたりもします。

soso03.jpg
しかし、キホンはコロコロと、ころがって、家族に甘えるのが好きなんであります。

soso04.jpg
なでると、いつでも喜ぶのであります。むふふ。。。

soso05.jpg
油断すると、ワタクシの布団のうえに陣取って、睡眠を邪魔するのであります。

soso06.jpg
うーん。飼い猫そらに振り回され、今日も1日が終わっていくのでありました。ぷしゅーー。本日は以上!

nice!(1)  コメント(0) 

旅先の酒場で、酒を呑めない生活にもすっかり慣れたような・・・。 [旅]

2021年9月。

コロナウイルスは手ごわいですね。昨年(2020年)の今頃は「あと数か月で感染者は減って収束でしょ?」てな安易な気持ちだったワタクシ。間違いでした。感染者数は減っているものの、関東をはじめいくつもの道府県で緊急事態宣言が延長になってしまいました・・・。

現場出張など旅の多いワタクシ。そして居酒屋が大好きなワタクシ。周囲から「アナタのようなノンベイは旅先でさぞかしツライでしょうなあ~」と同情のコトバをかけられることがあります。

しかし!人間の順応力、恐るべし。

たしかに旅先の夜とくれば、繁華街の路地。渋~い酒場カウンターで、地の旨いもんをアテに地酒を楽しみたい。しかし緊急事態宣言発令地区で、それがかなわぬ、となれば、これ一択でしょう。そう、宿泊先ホテルでの、

ひとり部屋呑み、であります。先月、札幌のホテルではこんな様子でした。

nomi_01.jpg
「ホテルひとり呑み初心者」だったころのワタクシは、つい、大量につまみを買い込んで、現地で消費できずヒコーキで家に持ち帰ったものです。それが場数を踏んだ結果、つまみはせいぜい2種類に絞ろう、と思い至った次第。

たとえば北海道なら「鮭とば」だけで十分なのよ。そこに地酒「国稀(くにまれ)」4合瓶、チェイサーの水があれば完璧。あと、重要なのは気のもちようで、この状況をツマランとかワビシイとさえ考えなければ、ホテルのシングルルームは立派な酒場に大変身でございます。

nomi_02.jpg
さて、今月半ばから、ワタクシは、新潟県、山形県、北海道、宮崎県、山口県、岡山県、福島県・・・と旅展開するのであります。「ホテルひとり呑み」の技にいっそうの磨きがかかることでしょう。

話は変わります。札幌で、大通り~すすきの~中島公園と早朝散歩をしたときのこと。お寺や神社の前にガラス張りの掲示板ってあるでしょう。中にイベント案内などが貼ってあるやつ。往々にして、そこには筆書きの「ありがたいお言葉」が掲示されていますよね。

で、ツボにはまった札幌での物件をご紹介します。南6条か7条あたりで見つけました。

nomi_04.jpg
ありましたね。達筆であります。うは、なかなかの変化球ですね。

nomi_03.jpg
名言の引用ですが、出所は「ドラえもん」だそうです。

どっちも自分が正しいと思っているよ。戦争なんてそんなもんだよ。

お見事!タケコプターも、何でもポケットも伊達じゃない、ってことです。と感心しつつ、すすきの界隈を歩いていると次の案件に遭遇。豊川稲荷にて。

nomi_05.jpg
こちらはリアル「人生訓」といいましょうか、かつ竹内まりやさんが歌うところの「元気を出して」といった趣きもフレーバーされています。

nomi_06.jpg
ちょっと長めなのは、じっくり読もうね、つうことか。転記します。

傷つく言葉や注意、文句や怒られた時、落ち込んでしまうでしょう。その言葉に感謝が出来ると自分を磨くことが出来、キルアップするチャンスなのです。

うーーん、これも正しい。正しい・・・けど、

最後の一行の、キル・アップ、て何すか?キル・ビル?ゴルゴ13?ニキータ?

・・・などと分かり切ったノリツッコミをしてはいけません。これ、SECOMのシールが、「ス」の文字に、かぶったんですね。それで、スキルアップが、キルアップになっちゃったのね。

つまり、この名言、ガラスに貼られたシールのかぶりまで計算して、文字を書くスキルにはまだ至っていない、という反省の気持ちをこめたでしょう。まだスキルアップする「のびしろ」があるよ、という決意表明でもありますね。

ただし最初の一文字がないと、別の意味に変わる単語もあります。要注意です。パチンコ、なんてホント危険ですなあ・・・などと戯れごとを長々書いたところで、本日は以上!

nice!(0)  コメント(0) 

映画「孤狼の血 LEVEL2」。鈴木亮平さんのとんでもない悪党ぶりはスゴイが、この方が・・・。 [映画]

2021年9月。

絶賛上映中の映画「孤狼の血(ころうのち)LEVEL2」を拝見いたしました。ジャンルでいえば、ずばりヤクザ映画、であります。広島県が舞台ゆえ、つい名作「仁義なき戦い」を思い出すオジサン(←私のコト)。

koro01.jpg
いやあ、嬉しいなあ。2018年に前作「孤狼の血」を博多のシネコンで拝見し、昭和感満載のテイスト、役所広司さんをはじめとする俳優陣の熱量ハンパない演技、そして絶妙な展開(脚本)に痺れたワタクシ、ぜったいに続編を作って欲しい!と熱望していたのであります。

今回「孤狼の血 LEVEL2」の感想を書くにあたり、前作についての自分のブログ記事(2018年)を読み返したところ、手前みそですが、バッチリとツボにはまること書いてました(自慢か?)。前作感想はここ→クリック

これ使えばいいじゃん、つう気もしましたが、いや、映画が違うので一応は書くとしましょう。

本作。結論を申しますと素晴らしかったです。大満足です。前作よりも大幅パワーアップしておりました。なんたって究極の悪党=上林組組長・上林を演じる鈴木亮平さんの存在感・殺気が物凄いわけです(いや、ホント、こいつ頭が狂っています)。NHK大河「西郷どん」の前に、この役を演じていたら、鈴木亮平さんの西郷隆盛は無かったでしょう。だって、西郷さんが勝海舟をぶっ殺したり、「何もかもぶっ壊れればいいんじゃあ」と叫びながら、江戸の町を火の海にしたら大変ですもん・・・って、いったいなんのハナシだよ。

koro03.jpg
その狂犬・上林とガチンコする凶暴刑事は前作で新米だった日岡(松坂桃李さん)でして、こちらはこちらでパワーアップ。やっぱり頭が狂っておりますな。そのうえ、彼らをとりまく対抗ヤクザたち、警察内にも根性腐ったヤツがいっぱい・・・ということで、太宰治さんじゃないけど「生まれてきて、すいません」てな気分になるのであります。

koro02.jpg
洗練されていない泥臭さ、粘っこさ、が本シリーズの身上で、北野たけし監督「Outrage」シリーズとは差別化が図られているのも見識でございますなあ。

そうそう、劇場へ入るさいスタッフさんから「トレーディングカード」をいただきました。映画の登場人物ごとカードが作れらていて、お客さんひとりに「4枚」配られます。誰が当たるかは分かりません。ワタクシがもらったカード、1枚は、滝藤賢一さん。うはあ、こいつもワルでしたな、滝藤さん、役にピッタリでした。

koro04.jpg
そして、トレーディングカード、もう1枚になんと、宮崎美子さん。これはスゴイ、大当たりです。というのは、本作で宮崎美子さんが演じているのは刑事の妻、なんですけど、映画を観終わったワタクシ、この、作中人物も、演じた宮崎さんも、心中察するに、ひじょうに苦しいのでは?と思ったのでした。全体に、勢いや欲得で突っ走る人物が多い中、実になんといいますか、ウーム・・・と複雑な気分。まあ、このあたりは説明しようがないので、興味のある方は映画を観ていただきましょう。

最後になりますが、上林(鈴木亮平さん)と日岡(松坂桃李さん)の死闘を拝見して、ワタクシ、この映画を思い出しました。デンゼル・ワシントンとイーサン・ホークが壮絶な闘いをする「トレーニングデイ」であります。

koro05.jpg
共通点は、もうお分かりですね。そこまでしたらフツウ死ぬだろ!くらいボコボコになっても、この人たち、死なないんですね~。アイアンマンか、お前は!くらいの不死身っぷり。そういや、松坂桃李さんの髪型・ヒゲの感じが、イーサン・ホークさんに似ています・・・って、そこ観てどうする。

文章メロメロになりましたが、要するに「孤狼の血 LEVEL2」サイコーでしたあ!と、強引にまとめたところで本日は以上!

nice!(0)  コメント(0) 

江東区、亀戸天神(かめいどてんじん)の早朝散歩。「カンコウ」を勘違いする話。 [日常]

2021年9月。

某日。早朝散歩先に選んだのは、東京都江東区にある亀戸天神(かめいどてんじん)であります。受験生が合格祈願にやってくる世間的に有名(?)な神社です。35年も関東に住んでいるワタクシですが、亀戸天神に足を踏み入れるのはこの日が初めて。まあ、オレ、受験生でもないしね。

朝5時半、千葉県市川市の自宅を出発しクルマで走ること約20分。都心に向かうさいに通る蔵前橋通り沿いの、見慣れたこの通りが天神への入り口ですね。

kameido01.jpg
近くの駐車場にクルマをとめ、鳥居の前で一礼し、境内に入ります。

kameido02.jpg
赤い欄干の橋に、すでにご利益が感じられますな。

kameido03.jpg
突き当りが亀戸天満宮、天神様、と呼ばれる「亀戸天神社」ですね。学問の神様、菅原道真公をお祀りしております。適度にこじんまりなのが良いのですね。ここに来ただけで、絶対に試験合格!的な、ありがたい気分になります。背景にみえる東京スカイツリーが白く輝いて、アクセントとなっています。

kameido04.jpg
お目当ての物件がありました。絵馬です。どれどれ、皆さん、どんなお願いしてるのかなあ、と興味本位で拝見いたします。当然のように試験合格がメイン。資格試験、入学や入社、ですね。

kameido06.jpg
以下の2枚の絵馬、ワタクシ、歳のせいか涙腺が弱くって、文面にウルッときちゃいました。

「37年前、名前を頂きありがとうございました」・・・この感謝の気持ち、素晴らしいではないですか。そして、お子さんがお母さんの試験合格を願った「ままがテストで、ごうかくできますように」・・・大丈夫!ママは合格するよ、きっと!と、こちらも応援したくなります。

kameido07.jpg
絵馬に愛をみたワタクシ、感動しつつ改めて周囲を見回します。すると、菅原道真公の像を発見。ん?立て板をみると、「五歳の菅公」と書いている。

kameido05.jpg
おいおい、菅公はないだろう!すがこう、か、かんこう、か知らんけど失礼ではないか!

学校のセンセイを「先公」、警察官を「ポリ公」、どちらも相手をバカにした表現であり、よりによって菅原道真さんに対し、菅公たあ不遜の極み、レッドカードじゃあ~。いや、もしかして、この像は菅総理大臣?なわけないか。

これじゃあ飛梅もビックリ、ですよね、さだまさしさん?と、思考がマニアック迷路にはまり込みました。

すいません、本件のオチを申しあげます。帰宅後ネットでチェックしたところ、自分の不明に恥じいりましたね。

菅公(かんこう、と読む)は、菅原道真公の「敬称」だったんです。皆さん、知ってました?これって常識問題?にわか仕込み知識ですが、学生服をつくっているメーカー「カンコー」さんの社名は、菅公からとったそうです。カンコーさんのHPに由来が載っております(ここ↓)。


いやはや、今回は私に学がなかった。ワン公と同レベルで、菅公を蔑称と勘違い、失礼いたしました。

さて、亀戸天神といえば梅の名所でもあります。この季節ですので、花は観れませんでしたが、梅の木が並ぶ様子から花のシーズンは綺麗だろうなあ、と推察。木の幹には、梅の名前が書かれたプレートがついており、へえ、いろいろな種類があるんだね、と、ここでも勉強であります。

kameido08.jpg
勉強の神様、を祀るだけあって、ワタクシもちょっと賢くなりました。ありがとうございました~。本日は以上!

nice!(0)  コメント(0) 

こうゆう普通の風景が好きなんですよね~。 [日常]

2021年8月。

本日の記事は、昨今の文化傾向にあわせ、文章簡潔、写真メインで勝負しましょう!・・・って、前置きすることでもないか。名所でも観光地でもなく、どうってことのない「普通の景色」に幸せを感じるワタクシ。今月のTOP2風景はこれであります。

自宅ご近所の、江戸川河川敷の夕暮れ。千葉県にて。

yuyake.jpg
ここに睡蓮をおいたらマネの絵じゃん、つう札幌市の中島公園。朝の散歩にて。

yuyake02.jpg
うーーん、なんとフツウであろう。しかし、こんなんで幸せ気分に浸れるオレって、いいなあ、とつくづく自画自賛(つうのも変だけど)。本日は以上であります!


nice!(0)  コメント(0) 

名古屋駅の新幹線ホームで、きしめんをいただいた話。 [旅]

2021年8月。

関西方面へ出張があり、東京→米原、と新幹線で移動しました。東京から「ひかり」に乗れば、乗換えなしで米原へ行けますが、諸事情により「のぞみ」に乗車したワタクシ。いったん名古屋駅で下車し、ひかりか、こだまに乗換えるわけです。なぜわざわざ名古屋駅で乗り換えるのか?理由は、こちらであります。

kishi03.jpg
名古屋駅の新幹線ホームにある、立ち食いきしめん「住よし」さんです。乗換え時間を利用し、ここで名物きしめんを食べるぞお!という計画です。

kishi01.jpg
こちら「住よし」さんはワタクシが社会人になった1980年代には、すでに名古屋駅ホームに店を構えておられました。当時の私、愛知県や岐阜県への出張が多く、よく名古屋で新幹線を下車していました。そうすると、つい、このお店に入っちゃうんですね。注文すればすぐ出てくるし、値段も手ごろですからねえ。

その後は中京地区のシゴトが減ったため、ここ10年ほど、きしめんと疎遠になっておりました。すいません・・・って、謝る必要はないか。

さて、久しぶりの駅ホームきしめん。ちょい豪勢に、えび天きしめんをチョイスです。どーん。

kishi05.jpg
そうそう、この味ですよ、懐かしいなあ・・・と感慨深げに、つぶやきたいところですが、残念ながら昔の味を全く覚えていないワタクシ。そういやあ、こんなんだったかなあ?つう薄い感想となりました。すいません・・・って、また無意味に謝ってしまった。

しかし、食べたいときに、食べたいモノを食べた、というジャスト・ミートのヨロコビと満足感は、対象の味以上に得難いわけで、まさに幸せの瞬間といえましょう。

お店の外に、昔の様子がわかるポスターを見つけました。それによると、このお店は昭和36年(1961年)開業とのこと。今年で60周年ではありませんか!年齢がワタクシとほぼ同じ、シンパシイを感じます。

kishi02.jpg
ハナシは変わりますが、JR名古屋駅新幹線口の前の広場は、工事中でした。それなり大規模工事のよう。どのように駅前が変貌するのか楽しみです。今週は以上です!

kishi04.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

映画「ライトハウス」。ウィレム・デフォーさんの怪演もすごいが、それ以上の名演をしたのは。 [映画]

2021年8月。

3週間ほど前、ミニシアターでこの映画を拝見しました。2019年アメリカ・ブラジル合作の、

「ライトハウス」であります。

Lighthouse01.jpg
出演するのはコワモテ演技派俳優ウィレム・デフォーさんと、「TENET」で素晴らしい活躍をされた(トワイライトシリーズのヴァンパイアのほうが有名かな?)ロバート・パティンソンさんであります。

娯楽映画、ではなく、完全アート系ですね。画面サイズはいまどきお目にかかれない「横1:縦1比」の正方形。カラーではなくモノクロつう点にも、監督のこだわりが感じられます。

ストーリー説明は手抜きして、Yahoo映画から拝借いたします(すいません)。

============

1890年代、アメリカ・ニューイングランドの孤島に灯台守としてベテランのトーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と経験のない若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)がやって来る。彼らは4週間にわたって灯台と島の管理を任されていたが、相性が悪く初日からぶつかり合っていた。険悪な空気が漂う中、嵐がやってきて二人は島から出ることができなくなってしまう。外部から隔絶された状況で過ごすうちに、二人は狂気と幻覚にとらわれていく。

============

・・・とまあ、こうゆう話でした(コピペしただけで、スイマセン)。

食糧が尽きていくなか、精神を病んでいく(?)二人の関係は、振れ幅を増していきます。あるときは相手に甘え、あるときは酒に酔って踊り、あるときは恫喝し、罵倒しあう、またあるときは許しを乞う・・・と目まぐるしい展開に、観客が置いてきぼりになる感なきにしもあらず、です。が、「人間のココロの闇」「狂気」を描こうとすれば、こうした剥き出しの訳の分からなさ、になるのも必然であり、そのドロドロっぷりやシュールさは、私の好むところであります。

Lighthouse02.jpg
たとえは妙ですが、映画全体の粘り気から、勅使河原宏監督「砂の女」や、新藤兼人監督「鬼婆」といった、1960年代の日本映画を思い出してしまったワタクシであります。ちょっと違うか。

さて、この映画の見どころといえば、なんたってウィレム・デフォーさんの怪演でありましょう。お顔ドアップで長台詞を、歌うように叫ぶように語りきるお姿は、まさにシェイクスピア劇のリア王やオセロです。日本人なら吉田鋼太郎さんや市村正親さんしか出来ない芸当であります。デフォーさんの、熱すぎる芝居だけでも、ワタクシとしては「この映画、観て良かった!」と思ったくらいです、ほんと。

Lighthouse03.jpg
しかし。世の中には、上には上があるものですなあ。デフォーさん以上の、ぶっとんだ演技をご披露してくれたのが、なんと!この方であります。

Lighthouse06.jpg
そう、海鳥さん(カモメかな?)です。人間を拒否する「荒海」を象徴するように、ロバート・パティンソン演じる若手の灯台守に、攻撃的姿勢を見せるのが、この鳥さん。アップの顔がめちゃ怖いし、ぞっとするほど嫌なことをしちゃうんです。いったい、どうやって鳥さんを仕込んだのか??

Lighthouse04.jpg
ゆえに「最優秀アニマル俳優賞」は海鳥さんに決定!・・・って、なんか話がぶれた。そういやあ、今年観た映画のなかで、この鳥さんに対抗できる演技派がいましたね。「ブラック・ウィドウ」でレイチェル・ワイズが飼っている豚さんです。あの「死にそうになる演技」は、けっこう凄かったですよね。おっと、さらに話がぶれた、失礼。

では、そろそろ記事を終わりたいので、締めに「ライトハウス」予告編を貼り付けておきます。口直しにご覧ください。本日は以上!


nice!(0)  コメント(0) 

モデルナワクチン 2回目を接種したハナシ。 [日常]

2021年8月20日。

テレビやネットであーだこーだ言い尽くされているテーマゆえ、個人的にはツボにはまらないネタではありますが、自分用の覚書きとして残そうと思う次第です。

新型コロナワクチン、2回目を接種した、件です。

注入したブツは副反応がきついと噂の「モデルナ」製であります。職域接種で、7月20日に1回目、8月17日に2回目を打ちました。

ワクチンに対し副反応への不安から、ちょっと怖い、とおっしゃる方が世間にいるようですが、ワタクシからすると結果考えたって分からんし、とりあえず一発(二発か)打ちゃわかるわな、つう軽いノリであります。なんたって、感染防止へそれなり効果がある(らしい)処置が、ただ(出費ゼロ)、それだけで嬉しいです。ま、これは各人、自分の体のことゆえ、他人がどうこう言える話ではないですが。

さて、ワタクシの接種結果。7月20日の第一回目接種。翌日に注射した左肩まわりが痛いくらいで、体調への影響は何もありませんでした。職場の人たちも、ほぼ同様でしたね。

そして、2回目、8月17日の接種であります。接種翌日、体調不良はなく、在宅勤務していたワタクシ。家の者から「体温は測ったほうが良い」と言われ、そうすかねえ、てなもんで午前10時に検温。そうしますと、

あれま、平熱(36.2℃)より1度ほど高い、37.3℃ではないか。これって微熱?よくわからんが、家の者が準備していた解熱薬(市販品)を飲みました。

体がだるいでなく、寒気がするわけでなく、体調は良好のまま、2時間後の正午に再度、検温すると、

あれ、さらに高いぜ、37.5℃まで上がっております。

ここに至り、困ったな、と思ったワタクシ。なぜなら、夕方にヒコーキで北海道へ移動するからです。空港の検温で体温37.5℃以上と判明したヒトは、ヒコーキに搭乗できないルールだったような。

その場合、空港の職員さんに「昨日、モデルナ2回目接種した副反応なんじゃあ!」と接種証明書をみせ、声を大に主張したところで「ダメなものはダメ!」と一蹴されるであろう。

まあ、そのときは仕方あるまい。ヒコーキに乗れないなら、家に帰ってくればよいと割り切り、もう一度、解熱薬を飲み、空港へ向かったワタクシ。それから、1時間30分後。空港のゲートへ向かう通路では検温器のわきに職員さんが立っており「高熱の奴は排除だもんね!」というオーラを発しております。ワタクシの番がきて、顔面を測温器に近づけると、ピピッ!と鳴る。

表示された体温は、35.8℃

低っ!それはそれで、おかしくね?と首をひねりつつ、クリアできホッとしました。そういえば、なんだか手先が冷たく不思議な感じ。気のせいかな。

さらに3時間後です。札幌のビジネスホテルにて。チェックインのときも検温があります。こんどは額ではなく、手首で検温です。ふーむ、これは正確かも。

結果は、35.8℃。やっぱり低い。解熱薬が効きすぎ、ってことでしょうか。翌日は、いつもの平熱(言葉がおかしいね)の36.2℃に戻り、俺は生き返ったぞ!と雄たけびを上げ・・・まではしませんけどね。

以上、話をまとめると、ワタクシの2回目モデルナワクチン接種の結果は「接種当日は何もなし」「翌日は、体調不良(の自覚症状)は無し。体温は1度ほど上がったが、解熱剤が効いたか、数時間で平熱に戻って、その後特になにもなし」でした。

ちなみに、私と同じタイミングで職域接種した、職場のひとたちの情報だと、半数以上(もしかすると7割くらい?)が2回目接種で発熱しているようです。なかには、38℃まで体温上がり、二日間、苦しんだ人もいました。そこまでではなくても、接種翌日に体調不良で仕事ができず休暇をとった人もいましたな。

結局、クスリへの反応(の程度)には個人差がある、ってことですね。その意味で「怖い」と思うヒトの気持ちも分からんではない。そうだとしても、「感染リスクが減る」メリットを、ただ(出費ゼロ)で得られるのは、ありがたいことだ、と素直に思うワタクシです。

ちょっと話が逸れますが、ワクチン接種に関して、マスコミ連中は、予約が決まらない、段取りが悪い、工程が遅れている、ワクチンを無駄にした、だのと、相も変わらずマイナス事象をあげつらっては批判し、世間もそれに無思想に迎合する構図がありますよね。そうやって、政府や自治体にケチをつける材料を見つけては、悦に入ってるのだろうけど、ほどほど、にすべきと思う。他人の落ち度を探し出しては、鬼の首でもとったかのように喧伝、騒ぐのって品がないというか、なんか空しいですもん。結果をみて批判するのは誰にでも出来ることで、にわか「批評家」ってどうも苦手です。

批判するヒトからすれば「そんなんじゃ全然ダメ!」レベルかもしれんが、関係者は、出来る範囲で頑張っているわけです。ニホンコクという同じ船にのった仲間として、ここは広い心を見せるとこ、ちゃうかなあ。・・・と、強引に関西弁をからめたところで本日は以上!

nice!(0)  コメント(0) 

岡山県のJR児島駅。ジーンズの街ながら宣伝文句控えめ、つう奥ゆかしさがヨロシイ。 [旅]

2021年8月。

一か月も前のハナシでナンですが、7月に出張で岡山県に行きました。行先(現場)の最寄り駅は「JR児島駅」です。倉敷市の南端にあり、そのまま電車で南に進むと、瀬戸大橋を渡って四国上陸というロケーションであります。

kojima00.jpg
こちら、児島の街は「日本のジーンズ発祥の地」だそうです。ワタクシは疎いので、興味のある方はネット検索ください。行ったことありませんけど、駅から徒歩圏内に、児島ジーンズストリート、なる名所があるらしいです。

まあ、そんな事情を知らずとも、児島駅で電車を降りると、誰しもジーンズ雰囲気、を感じるのであります。たとえば、ホームにあるエレベータ昇降口のボックス。全面、ジーンズ風にデコレーションされてます。凹凸があるエレベータの扉さえも、ぴっちり仕上げてあり、お見事。

kojima02.jpg
ホームから改札口に降りる階段です。下から見上げると、巨大なジーンズが描かれているではないか。

kojima03.jpg
改札出る前の白壁に、でっかいジーンズが掲げてあります。

kojima04.jpg
ここで気づいたのですが、構内に「説明・宣伝の文字」がほとんど見当たらないのです。たとえばです、上写真であれば、白壁に「国産ジーンズ発祥の街、児島へようこそ!」と書く、とか、そうゆう解説はしたくなるじゃないですか。

ところが児島駅は、その欲求をグッと抑え(たのかは分かりませんが)、文字など不要じゃ!分かるヒトに分かれば良いのじゃ!というストイックを貫くのであります。結果、ジーンズがものすごい「存在感」を放ち、サルトル的実存の域に達しておるのであります。

改札を出ました。さすがに、ここで「ようこそ。ジーンズステーション児島へ」という2行が登場したものの、わきに立つ鷲羽(わしゅう)山イメージのキャラが目立ちすぎでしょう。横におられる「妖怪ぬりかべ」的キャラが、本題である、パンダとジーンズを掛け合わせた「Gパンだ」らしい。このネーミング、なんともいえぬ、味ですなあ。

kojima05.jpg
さらなるツボは、駅舎を出たアーケード歩道。上からぶら下がってヒラヒラしているのは、ジーンズそのものでしょうね。一瞬、魚の干物か!?と思ってしまいます。

kojima06.jpg
ジーンズの街だから、ジーンズをぶら下げるのは全然アリ、なんだけど、かなりシュールな雰囲気、ちょっと怖いです。フィリップ・K・ディックの短編小説に、こんな風景が出てきたような・・・フト、思いました。

kojima07.jpg
ジーンズの街、児島。恐るべし!と、ココロのなかで唸ったワタクシ。だが、そんなメインストリームに反旗を翻す(?)看板を見つけ、今度は、フーム、と唸ったワタクシでありました。

kojima08.jpg
そうかあ、作業服もある、のですね。ジーンズ素材は耐久性があるので、アメリカでは作業着としてフツウに使われていましたもんね。別に今だって、それでいいじゃん、と考えますが、おっしゃっているのは「ファッションとしてのジーンズじゃなく、作業用に特化した商品もありまっせえ」つうアピールなのでしょうな。

そうそう、話は逸れますが、聞いたところ、ジーンズって人気商品はずいぶん高い(数万円)らしいじゃないですか。さらには、見た目ボロボロの汚い古~いジーンズが、数十万円、下手すりゃ100万円で取引、と聴くと、ワタクシなんぞは「あっしにゃ関わりのないことで・・・」と木枯し紋次郎的、伏し目がちのまま、立ち去りたくなります。本日は以上!

nice!(0)  コメント(0) 

雨の日のジャズ三昧。マイルス・デイヴィス「Kind Of Blue」の、そこかよ、的ノリツッコミ。 [ジャズ、ロック、ポップス]

2021年8月14日(土)。

早朝5時30分。都内の職場へいって、来週の出張準備を済ませ、自宅に戻ったのが朝9時。この後、関東でも雨が強まるらしいので、そうとなれば自宅オーディオ部屋にこもって、音楽三昧でしょ!てな話です。

本日は、ヘヴィメタル、クラシックではなく、ジャズでいってみましょう。

ワタクシは、音楽のジャンル分けにたいした意味を感じません。どのジャンルにも、好みの曲や演奏があるわけで、音楽評論家でもないリスナーのワタクシは、音楽なんて「好きなら、それでいいじゃん」と思ってしまう。なんでこんな前置きをするか、つうと、当方の偏見かもしれないが、「ジャズ好きのヒト」って対象への思い入れが強いというか、各人が一家言をお持ちで、中には、他人の好みを平気で否定する「大きなお世話」の輩がいるからです。そーゆーアティチュードを「独善的」と呼ぶわけで、度を過ぎたヒトには石を投げてよい、という法律があるべきと思う次第。

40年ほど前。ワタクシがジャズなんて全く聴いてなかった頃、友人Kが、たまたま聴いたローランド・ハナのピアノ(レコード)に感動した、つう話をしたら、それを聞いた「ジャズ好き」女性が、彼のコトバをボロクソに否定したのを聴いて「こわ!」と思いましたね。自分が嫌いなのは勝手だけど、それを好き、という他人の気持ちを全面否定はないでしょ、と単純に思うわけです。

アイドルグループを好まないのは勝手だが、アイドル好きのヒトの「思い」を否定する、つうのは話が違うわけで横暴ですわね。良い・悪い、ではなく、好き・嫌い、の問題なのだから。。。思えばニホンコクは、その区別ができていない言説が多すぎます・・・って、話を広げ過ぎました。失礼。

ええっと、何の話だっけ。そう、ジャズですよ。今日は1日、オレはジャズ聴いてた、つうそれだけの話でした。で本日、最初に聴いたアルバムがこちら、であります。名盤と呼ばれて久しい、1959年録音、

マイルス・デイヴィスのリーダ作「Kind Of Blue」です。

MILES01.jpg
前回いつ聴いたかすら覚えていない(30年以上前?)ゆえ、内容全然覚えておらんかった・・・ことはなく、第一曲目から、横山大観先生の朦朧体日本画のような、ブルックナーの交響曲の冒頭原始霧のような、もわあ、な世界がたまりません。これ、この感じだよね~と、声が出てしまった。

とはいえ累計売上1000万枚のモンスター・アルバムにワタシごときが説明をしてもしょうがなく、モダンだ、モードだのと知ったかぶりも悲しいわけで、以下、ワタクシの極私的「ツボ」を書きます。あほか!と罵られようと、ワタクシがこのアルバムを聴く理由は、マイルスのトランペットではなく

ずばり、ビル・エヴァンスのピアノ、であり、ジョン・コルトレーンのテナー・サックス、であり、キャノンボール・アダレイのアルト・サックス、なのであります。要するに、サイドメンたちのプレーのほう、なんです。

マイルス御大も素晴らしいですよ、もちろん。しかし御大の管理下(?)でご披露される、エヴァンス、コルトレーン、アダレイの渋~い掛け合い、もう、たまらんでしょう。エヴァンスさんのピアノに見え隠れするクラシック音楽風味が、また、深い、深い、のであります。

ちなみにキャノンボール・アダレイのリーダ作「Something Else」では、逆に、マイルス・デイヴィス御大の、刺すようなトランペットの音色がワタクシのツボであり、こうなるとジャズ・アルバムのアーチストの「名義」って、なんなんでしょ?と思うわけです。

さて話は戻ります。「Kind Of Blue」をトリガーに、マイルス流れではなく、ビル・エヴァンス流れへ移行したワタクシ。定番押さえておきましょ的に、名盤「Waltz For Debby」(1961年)をプレーヤーにセット、聴き始めたんだけど、すいません、ここでは、スコット・ラファロのベースがいいのう~などと、またぞろ頓珍漢な感動をしちゃうワタクシ(ジャズ好きの方、こんな体たらくで、すいません)、

miles04.jpg
次いってみましょう。ビル・エヴァンスの(私が保有する)アルバムのなかで、最高のお気に入り、これ出すと後がないってヤツ。モノクロのジャケ写真がアートしちゃってる、このディスクを聴くのであります。ジャーン。

アンダーカレント(Undercurrent)(1962年)。エヴァンスさんのピアノにからむ、ジム・ホールさんのギタープレーが秀逸です。派手さはなくとも、いや派手さがないからこそ染み入る抒情。その「からみっぷり」は、ザ・ピーナッツか、チャゲ&飛鳥か、危ない刑事か、てなもんで、このコラボを企画された方には、千葉名産の落花生詰め合わせを贈呈したい。

miles02.jpg
こうなると、止まりませんナ。次はジャケ上半分にでっかくアーチスト名が踊る、こちらでありますな。スタン・ゲッツと、ビル・エヴァンスの共演作、タイトルはまんまの

「ゲッツ&エヴァンス」(1964年)であります。ゲッツさんらしい、骨太サックスプレーにベタ惚れのワタクシ、このアルバムはもっと評価が上がって良いと思う。

miles03.jpg
ところで本作の、ジャケット・アートワークが、写真ではなくイラストなのは大正解。スタン・ゲッツさんは「慕われる漁協の組合長」的な風貌であり、量子物理学者的なご面相のエヴァンスさんと、写真を並べるのはビミョーですもんねえ。

このあとマイルス・デイヴィスのリーダ作にいったん戻ったワタクシですが、そこからレッド・ガーランドさんに派生。そうなると連鎖的にアート・ペッパーの「Meets the Rhythm Section」に至って、大興奮ですぜえ。

miles05.jpg
なんたって、ワタクシ、学生時代、このレコードを聴いて感動した勢いで、アルト・サックスを買っちゃいましたからね。 全然上手くならなかったので、反省しか残りませんでしたが。

もし、チェット・ベイカーを先に聴いていたら、トランペットを買っていたんだろうな~と、話が収拾つかなくなって、本日のジャズ話はお終いっ!

nice!(0)  コメント(0) 

オリンピックの放送で、ワタクシが感じた勝手な違和感2件。 [雑感]

2021年8月13日(金)。

数日前に閉会した東京オリンピック2020。開催前には、開催か中止かの激しい議論がありましたね。様々な立場の方が意見を述べておられました。本件に限らず「選択」とは、絶対的に一方が正しく他方が間違っている、と言い切れるケースは少ないわけで、本件も良し悪しは・・・何とも言いようがないですね。

おっと、今日は、そーゆー話をしたいのではなかった。

ボンヤリ、TVでオリンピックのニュースを観て、ワタクシが勝手に違和感を感じたこと2点、であります。当事者に対する批判とか非難ではなく、私にはしっくりこない、というハナシですので、お間違えなく。

試合後の選手のインタビュー。オリンピックに限らず、プロ野球、サッカーもだけど、インタビュアーが選手に質問するたび、選手が最初に「そうですね」って返すでしょう。あれムズムズするんですよね。以下はワタクシの創作ですが、こんな感じです。

「今日の体調はいかがでした?」「そうですね、万全ではないですが体のキレはあったかなと」「スタートダッシュが素晴らしかったですね?」「そうですね、僕の強みはスタートなので頑張りました」「後半はアメリカの選手の追い上げがありましたね」「そうですね、きつかったです」「今日の勝因は?」「そうですね、やはり後半の粘りですね」。

うーん。そうですね病、は根深いなあ、と思ってしまう。Yes・Noクエッションに対しては「はい」「いいえ」、What・Whyクエッションに対しては「〇〇です」「〇〇だからです」が素直な物言いと思う。とりあえず冒頭に「そうですね」を入れるのは、ワンクッション感を出したいのかな?それにしても、何度も使い過ぎでしょう。

では、違和感無し、正しい「そうですね」の使い方をご披露しましょう。

「70年代から80年代にかけ活躍した、双子のマラソン選手といえば?」

「そう(宗)ですね!」

「04年の第一作公開後、シリーズ化もされたグロなスリラー映画といえば?」

「ソウ(SAW)ですね!」

SAW01.jpg
「クリス・ヘムズワース主演のマーベル映画といえば、マイティ・・・」

「ソー(Thor)ですね!」

SAW02.jpg
おお、素晴らしい~。なんとなく勝った!

さて次のお題であります。オリンピックのメダルを「嚙む」というパフォーマンスです。他人様のメダルを噛んだ名古屋市長は論外ですけどね、ワタクシの違和感は、受賞したご本人のほうです。努力に努力を重ねた結果、やっと掴んだメダル、なのは理解しますが、とはいえ「嚙む」って妙だよなあ、と思ってしまう。もちろん、ご本人の持ち物なので、煮て食おうが、焼いて食おうが、ご自由なんですけどね。

勝利の味をかみしめる、という言葉があります。ただメダルは「勝利」そのものではなく、勝利の証明・象徴であり、物理的にはただの金属です。嬉しいからって金属をかじる?よく分からんです。

そういえば「君の膵臓を食べたい」じゃないけど、日本には「食べたいくらい可愛い」という表現もありますね。でもホントにやれるのはレクター博士くらいですわね・・・ちょっと話が違うか。さらに思い出しましたが、40年くらい前に、民放TVのスペシャル番組で「自転車を切り刻んで食べちゃう男」が登場してました。彼は、ホントに食べていた(のかなあ?)ので、メダルをかじろうと呑みこもうと違和感はございません。

ところで、メダル以外の、たとえばトロフィー、優勝ベルト、記念の盾、賞状、記念品の博多人形や陶器は、かじらんと思う。せいぜいが頬ずり、やってもキス止まり、ではないか。ということは、メダルをかじる理由は、

形状もサイズも、せんべいに似ているから。

ということでしょうか?うーん腑に落ちた。それではコースターにアルミホイルを巻いた銀メダルをかじるパフォーマンス。

SAW05.jpg
飼い猫そらに対しては、可愛いので頬ずりじゃ。すりすり・・・。

SAW03.jpg
そらはお返しに、私の頬をぺろぺろ。。。

SAW04.jpg
締めはもちろん、このセリフ。「そうですね!」

SAW00.jpg
何を言いたいのか分からなくなったので、午後4時も近いし、そろそろ酒でも呑むかあ、と、記事強制終了で、本日はお終いっ!

nice!(0)  コメント(2) 

この夏、一番の暑さ。織田裕二さん的に「キターッ」と叫んだ日。 [日常]

2021年8月11日(水)。

先般閉会した東京オリンピックの期間中、日本全国で猛暑が叫ばれてましたけど、昨日(8月10日)はダントツの暑さ!って感じでしたね。

ワタクシの住む千葉県の市川市。朝の気温もそれなり高かったのでしょうけど、風が吹いてたせいか、ガツン!とくる体感気温ではなかったです。ご近所の散歩コースをダラダラ歩きつつ、長く伸びた自分の影など撮っておったワタクシ。

ondo02.jpg
矢切のネギ畑。こうゆう、ごく普通の景色が大好きなんですよ~。

ondo03.jpg
・・・と、余裕をかましておったのですがね。昼前、近所のスーパーに車で買い物に出かけようと、家から外に出て、うわあ、と驚きました。ぶはっと熱風が体を直撃です。クルマに乗って、スピードメータ脇の温度計表示をみると、外気温はなんと、40℃、すよ。あとで知ったのですが、この日の関東は、今年一番の暑さだったらしい。キターッ!(←織田裕二さん風に)

ondo01.jpg
ところで、さんざん、暑い暑いと書いたわりに、ワタクシ、暑さには強く、生まれてから約60年、夏バテなど経験したことがありません。「ま、夏だから暑いのは当然だよねえ。日本の夏、キンチョーの夏・・・ボーン(花火の音)」とクールに言い放ち、ギラギラ太陽光を浴び、ご近所散歩するのでした。歩く道々で「バッタさん、焼けちゃうんじゃないか」とか、

ondo04.jpg
「セミさん、かなり弱ってるけど大丈夫かいな・・・」と、昆虫たちに注目しておるのであります。

ondo05.jpg
さあて、関東の暑さも本日でいったん終わるようです。天気はこのあと下り坂。雨が続いてくれれば、ワタクシの最大の楽しみ「きのこウオッチング」が佳境ですな。ムフフフゥ・・・と、ほくそ笑んだところで本日は以上!

nice!(0)  コメント(0) 

宮崎県の都城(みやこのじょう)で、うどん、と、かしわめし弁当にホッとしたハナシ。 [旅]

2021年8月9日。

2週間前の7月末に、宮崎県へ出張したときの話であります。シゴトは県南にある串間(くしま)市での屋外作業。ギラギラ照り付ける太陽に炙られながらも無事ミッション終了です。

その後、クルマで北上し、都城(みやこのじょう)市で一泊しました。地図の赤矢印先が、都城駅あたりです。

miyako01.jpg
都城といえば霧島酒造さんのお膝元ですね。日本全国どこでも容易に買える、知名度と生産量No1の芋焼酎「霧島」シリーズを造っておられます。都城駅前の看板には名産品「宮崎牛」と並んで、焼酎がしっかりアピールされてます。「幸せ上々、みやこのじょう」とは、なかなか良いコピーですなあ。

miyako03.jpg
駅近くのホテルにチェックインし、人との接触を避けつつ、晩飯の店探しに出かけます。歩きはじめて5分足らずで、ほうら出たよ。コロナ事情がなければ、即座に入店したい店構えの酒場です。2軒ともいい味出しとるな~。ここは、がまんがまん・・・。

miyako04.jpg
こちらの看板もスゴイ。店名記載はなく「楽しいスナック」とだけ言い放つ潔さ。むしろ客が引いてしまいそうだが・・・。

miyako05.jpg
カメラ屋さんの看板です。古い写真を直します、は頼もしいですが、「古い写真」の字体が、ホラー文字になっております。スナップ写真を直したら、背後に見知らぬ女性が増えたりして・・・って、心霊写真かよ!

miyako06.jpg
などと無言のツッコミ(黙突き)しつつ、交通量の多い通りに出ると「うどん、そば」の看板を発見。やりましたあ!九州全県に店舗展開する「麺勝」さんの都城店。

miyako13.jpg
私は九州のうどん大好き、ですからね。ムフフと笑みがこぼれます。ちょいとゼイタクに、天ぷらうどんに炊き込みごはんをコラボだぜ!幸せじゃーー。

miyako07.jpg
翌日。ホテルをチェックアウトし、2km先の西都城(にしみやこのじょう)駅を目指します。宮崎空港行き高速バスが、この近くから始発で出るのですな。いやあ朝から暑い!マラソン選手は夏でも42km走るわけですが、私は2kmを歩いただけでヘトヘトですよ。

miyako08.jpg
案の定、西都城駅につくと、腹が減った!わけです。飲食店は空いていない時間、つうか、駅周辺に飲食店が見当たりませんのよ。しかし!神はワタクシを見捨てなかった。駅すぐ近くに、お弁当屋さんを発見です。

miyako09.jpg
購入したのは、どどーん!かしわめし弁当、であります。お店入口にも「かしわめし」の文字が掲げられております。宮崎県は地鶏も有名なのであった。ほら、パッケージからワクワクさせるじゃないの。鳥が、ひよこっぽいデザインなのが可愛いね。

miyako10.jpg

食べてみれば、もう間違いない!わけですよ。ちゃんと美味いんです。旅番組の芸能人なら、一口食べるなり「めちゃウマァ!」などと叫ぶでしょうけどね、ワタクシは、めちゃ、まじ、超、エクセレント、ボーノ、ギョギョギョ、など取ってつけた単語は使いません。強いていえば「ふつうに美味い」のです。それが、美味しさ天国=日本国なのですよ、分かるかな~、フッフッフ。

miyako11.jpg
まさに「幸せ上々、みやこのじょう」でございました。本日は以上!

miyako12.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

飼い猫そらは、今日も遊びたい放題だっ! [家の猫]

2021年8月8日(日)。

本日は、東京オリンピックの閉会式だそうです。本件に興味の薄いワタクシも、一応、新聞やTVニュースは観ますので、日本人選手の活躍を知ると嬉しくなりますね。直近ネタでいえば「やっぱり山田哲人選手は、すごいバッターであった!」つうことでしょうか。はい。

ところで、我が家にはワタクシ以上に、五輪への興味が薄い者がおります。

飼い猫のそら、であります。そらは誰かが遊んでくれさえすれば幸せであり、世間の動向など気にもしません。

しかし、付き合わされるこっちは大変なんですよ~。朝3時半、そらの第一発目「遊んで要求」が始まります。寝ているワタクシや家人の顔を、ぺろぺろとなめ、おもむろに「にゃあ」と鳴く。おお、鵺(ぬえ)の鳴く夜は恐ろしい・・・って角川映画「悪霊島」かっ!(このネタを分かる人、いまは少ないか。。。)

さて、そらが大好きな遊びといえば、これです。棒の先にひもで毛糸の鳥がつながってるオモチャ。こいつをフリフリすると、ぴょんぴょん跳ね回るわ、転げまわるわ、元気いっぱい、嬉しさ爆発です。下写真は遊びが一段落したところ。鳥さんをしっかり抱きかかえておりますね。

sbb05.jpg
100円ショップで購入した、赤い洗濯物ネットに入り、クネクネするのも大好き。段ボール箱にも入りますが、洗濯物ネットは、外が見えるので安心なのか。

sbb01.jpg
内側からひっかいて穴だらけとなったネットで、まったり・・・。

sbb02.jpg
私が2階にいくと、一緒についてきて、入り込むのはお約束のCD収納棚。狭い空間でリラックスしております。困るのは、そらが邪魔になって奥のCDが取り出せないこと。ハードロック、ヘヴィメタルの、アーチスト名「H~J」のあたりをふさぐので、ハロウィン、アイアン・メイデン、ジャーニー、ジューダス・プリーストのCDを取り出すのが難儀です。ジェスロ・タルは聴かないからいいけどネ、と言いつつ、たまに「アクアラング」聴きたくなりますよね・・・って、なんのハナシじゃ。

sbb04.jpg
最新の遊びネタはこれ。昨日、ホームセンターで購入した背中ツボ押し(クエッションマークみたいな形のアレです)が入っていた箱です。どう頑張ろうと、そらの体が入るサイズではないのに、無理やり頭を突っ込みます。箱をかぶったこの状態で、なぜか5分ほどジーーッとしているそら。暗闇で、哲学でもしてるんでしょうか。

sbb06.jpg
というわけで今日も朝から元気いっぱい。遊び放題、やりたい放題のそら、でありました。ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(0) 

江戸川区 鹿骨で遭遇した、穴埋めテスト的な注意看板が、なんとも嬉しい。 [日常]

2021年8月。

某日、日課の早朝散歩。この日は、東京都江戸川区の鹿骨、を歩きました。我が家からクルマを走らせること15分。なぜ鹿骨町なのか?鹿骨町に何があるのか?と問われても答えようがなく、強いていえば「行ったことがないので、行ってみた」となりましょう。ああ、なんと自由なワタクシよ。

ところで、鹿骨、という地名、読みかたはお分かりでしょうか。そう「しかぼね」ではありません。正解は後程ね・・・って、もったいつけるような話か?

shishi_03.jpg
江戸川区鹿骨エリアは、新中川という川に接しております。川とくれば河川敷。そして散歩の王道といえば、金八先生でなくても河川敷であります。コラァ~~ッ(←武田鉄矢さん風に)。おっと、こんなところに釣り船屋さんがあります。マダコねえ、ふうーん。お、ライトタックルってなんだ?などと足が止まってしまった。いかん。

shishi_07.jpg
お待ちかねの新中川の河川敷。いやあ気持ちいいなあ~。こうゆう、どうってことのない風景が、ワタクシ大好きなんですよ。

shishi_04.jpg
ただの川。ただの草むら。ただの橋・・・といっても、この「大杉橋」はけっこう立派ですな。

shishi_06.jpg
さて、土手の上の道から、草地へ降りる階段手前で、ワタクシは発見したのであります。

shishi_05.jpg
私の大好きなネタです。「肝心の文字がすっかり消えて、用を為さなくなった注意看板」です。関東一円に「無意味看板」とでも呼ぶべき、こうした事案がわんさか存在するんです。とくに東京都は多い気がする。小池知事、どうにかしてくださいな。こんな看板じゃあ、何かあったときに裁判で負けますよ。

shishi_00.jpg
なぜ看板が、穴埋め問題みたいになったのか?理由は簡単。目立たせようと「赤い塗料」で字を書くからです。赤色は真っ先に色褪せ、消えるんです。こんな現象、今に始まったわけじゃないのに、なぜ人類は同じ失敗を繰り返すのか?謎です。

しかし。

文字が消えたおかげで、そこに、勝手な文字をはめこむ楽しみが生まれます。別れは出会いの始まり、とでも申せましょうか。もちろん、看板にペンで書き込むのはNGですから、画像に赤文字を加えてみました。むふふ、意外に楽しいですねえ~。

ひとつめの作品。どうでしょう・・・うーん、いまいちだね。

shishi_01.jpg
ふたつめの作品。シュール味を狙ってみましたが、やはり、いまいちだね。

shishi_02.jpg
注意看板をいじり倒したところで、地名「鹿骨」の読み方の件、であります。正解は、ししぼね、でした。「鹿」をなぜ「しし」と読むのか、よう分かりませんです。本日は以上!

shishi_08.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の15件 | -