So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

宮崎駅ちかくで「大はずれ」のダメ酒場に遭遇した後、豊吉うどんで口直ししたハナシ。 [旅]

2019年12月某日。

2泊3日の宮崎県出張です。2日目の夜は、JR宮崎駅の裏手にあるビジネスホテルで宿泊しました。

miyaya03.jpg
ホテルでチェックイン後、ふらりと外へ出て、晩飯ついでに酒を呑むか、つうか、酒のついでに晩飯でも食うか、と繁華街の橘通(たちばなどおり)の方向へひとりポテポテと歩き始めました。

体調万全ならネオン輝く繁華街まで歩くワタクシですが、右ひざ痛がキツイ。結局、駅と橘通の中間くらい、ポツポツと酒場が点在する界隈で妥協しました。魚介良し、肉良しの宮崎県なら、どの居酒屋だって大丈夫だろ・・・とタカをくくったのが、いま思えば大失敗の原因でしたなあ。

店名は書きませんけどねえ。あちゃー!はずしたぜ!とばかりのガッカリ感。おっと、話を先走ってはいけませんね。

その店は、店内は明るく清潔。一見するとフツーの酒場。テーブル席が4つにカウンター席。私は一人なのでカウンター席のほうへ座り、芋焼酎「日向木挽(ひゅうがこびき)」1合と湯をオーダー。お通しはレバー生姜醤油煮で、なかなか美味い。そう、ここまでは良かったのです。

miyaya02.jpg
いや~な気分になった最初のポイントは、店内でつけっぱなしのテレビでした。

民放地上波のバラエティ番組。例によって、芸人たちが、なにかにつけ、猿のシンバル人形のように、顔の前で両手を叩きながら大笑いするウンザリ絵面。いや、その番組には罪はない、世の中にはそんな番組が好きなヒトもいる。

問題はこの居酒屋のセンスの無さですよ。店内BGMに、ジャズがかかっているのです。たいして広くもない店内ですよ、スピーカーからはジャズが流れ、テレビからは大音量の笑い声。ふたつの音源がまじりあって騒音カオスの極みです。

なんじゃあ、こりゃ。ですよ。

私が座ったカウンター席など、左耳からはテレビの音、右耳からはジャズが入る拷問的ステレオポジションであり、刻一刻とイライラが募っていきます。ましてや店内にいる客は、だれひとりテレビに見むきもしてない。それでも、とりあえずテレビつけておけ、つう矜持も哲学もない雑な店運営。だめだ、こりゃ。

ワタクシは、店員に断りもせずブチッとテレビをOFFしましたぜ。少しは静かになった、ま、オレも大人、こんなことでイライラしてはいかん、と自分をいさめていると、注文した「枝豆」と「アジのみりん干し」がテーブルに並べられました。ここで、またぞろ、

なんじゃ、こりゃ。ですよ。

ふらりと入った酒場に、特段、すごい料理を求めるつもりはございませんが、こりゃあ度が過ぎてます。近所のディスカウント・スーパーでさえ、これよりマシ、つう身悶えレベルの体たらく。水っぽい枝豆、半日前に炙ったようなカチカチのみりん干し。それらを、愛想のカケラもない店員がバタバタとテーブルに置いていく。

miyaya01.jpg
前半のテレビ事件も相まって、さすがにワタクシ、我慢ができなくなりました。焼酎だけを呑み干すと、さっさと会計を済ませ、ほうほうの体で「ダメ酒場」から逃亡しました。いやはや、店外へ出たときの安堵感といったら!エイリアンの潜む宇宙船から脱出したときのリプリー(シガニ―・ウェイバー)の気持ちがよ~くわかりましたよ。宮崎の冬風が、頬に心地良かったなあ~。

しかし。

ダメ酒場で、ほぼ何も食べなかったワタクシ。このあとどうしよう、酒場はもうこりごりだし・・・と瞬時悩んで、閃いたのであります、パチッ(←脳内に光がともった音)。そうだ、うどんだ!と。

創業80年を超える老舗「豊吉(とよきち)うどん」さんのJR宮崎駅店。それだよ、それ!と決まれば迷うことなく宮崎駅へと一直線。この燦然と輝くイエロー・ビルボードが、今日のオアシスの印だ。ギャラガー兄弟だって納得でしょう・・・て別にオアシス、好きじゃねえし・・・すいません。勢いでロックネタに走りました。あれ、オアシスってロックじゃなくて、グランジなんだっけ?

miyaya04.jpg
話を戻しましょう。ダメ酒場で冷えきったワタクシの心には、温かいうどんがふさわしい。そこで注文したのは、わかめうどん。どうですか、「ふつう」を貫きとおすぜえ、と言わんばかりの過不足ないヴィジュアル。

miyaya06.jpg
しみる。うどんの麺が、つゆが、しみいりますなあ。たまらんばい。ダメ酒場の口直しに、豊吉うどんがこれほどの威力を発揮するとは新発見。そうか、あのダメ酒場も、うどん屋になればいいんだよ、きっと。と、無茶苦茶を考えたところで、今日はお終いっ。豊吉うどんさん、ありがとうございましたあ!

miyaya05.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜美術館で、スーティンを観たい!しかし右ひざの痛恨事が・・・。 [絵画]

2019年12月6日。

出張先である山形県鶴岡市から、さきほど関東へ帰ってきました。さすが東北、雪は降るし寒かったなぁ~とブルッと震えましたね(北海道出身のわりに、寒さに弱いワタクシ・・・とほほ)。

さて、世間のヒトは「師走は何かと忙しい」と言いますね。いっぽうワタクシのシゴトは、時期と忙しさになんらの相関がない・・・はずだけど、12月は大きな現場仕事が入ったりでスケジュールはパツパツ。12月半ばは土日も休み無しの「逆・働き方改革」状態。なぜ毎年こうなるのか、不思議といえば不思議ですなあ。

それに加え、いま右ひざを壊しているのが痛恨です。MRIによる診断結果は「半月板の変形。十字じん帯損傷」。さいわい、じん帯ダンゼツはしてないので、経過観察中で、杖をつきながら歩けています。ひざの曲げ伸ばしは要注意。走るなど論外で、どうしても活動は限定されますが・・・。

これじゃ出張は難しいかあ・・・と思いきや、ラッキー(?)なことに、今回いく現場は、最寄り空港に着いたあとは、ほぼすべて車移動でして、歩く距離はごく少なく、なんとかなりそうっす。

で、今のワタクシにとって一番のガッカリ問題は、体調的にも時間的にも、

横浜に行けないこと、であります。横浜に何があるのか、といえば、これですよ、これ!ドーン。

yoko01.jpg
横浜美術館で開催中のオランジュリー美術館コレクション展です。来年(2020年)1月13日までの開催。ああ、あと1か月で終わってしまうぞ!千葉県市川市の自宅から、総武快速線(横須賀線)→みなとみらい線で、1時間半弱で行ける距離だけど右ひざがねえ・・・ウムム。

この展覧会、「ルノワールと、パリに恋した12人の画家たち」というメイン・タイトルから、日本人が大好きな印象派絵画を並べてるのね、と乱暴にくくっちゃいそうですけど、ワタクシが行かねばならない!とココロに決めてるツボは、この1点のみ。

シャイム・スーティンの作品を観る!

そう、ルノワールなんて、どうだっていいのだよ・・・あ、ルノワール好きの方に失礼な言いぐさでした。すいません。

スーティンの死後70年以上がたちます。彼の油彩の、ぶっ飛んっだ色使い、激しくねじくれたデフォルメ表現。そして哀愁ただよう人物画にココロが震えます。この時代のワタクシのアイコンたる画家といえば、ヴラマンク、キスリング、そしてスーティン、で決まりなんであります。

yoko03.jpg
今回、横浜美術館にはスーティン作品が、なんと、8点も並んでいる、らしい。以下、展覧会HPのリストより。

yoko02.jpg
30年(?)くらい前の「スーティン展」以来の大集結だわ。個人的には、

見逃したら、一生後悔すること間違いなし!

死んでも死に切れん、とさえ思いつめちゃうわけです。

さあ、ワタクシの「スーティン愛」が、横浜への道を切り開くのか?モーゼの十戒のごとく海は割れるのか?オレは口先だけのチキン野郎なのか、それとも初志貫徹する漢(おとこ)なのか・・・って話が無駄に大仰になったところで、今日はお終いっ。チャオー。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北海道「えぞからすみ」は、九州のからすみに負けない美味さなのでした。 [お酒]

2019年11月末日。

このところワタクシ、女性ベーシスト2名にゾッコンでしてね・・・と書くと、ああ、今年、12年ぶりにニュー・アルバムをリリースした天才少女(もう少女じゃないね)タル・ウィルケンフェルドちゃんのことだネ、と思うでしょうけど残念でしたあ!ワタクシが、いまツボにはまっている女性ベーシストは、ずばり、

ロックバンド、サカナクションの、草刈愛美(くさかり あみ)さん!そして、

テッド・ローゼンタール・トリオの、植田典子さん、なのであります!

ezoka06.jpg
ロックとジャズ。エレキベースとウッドベース。ジャンルも楽器も違えど、お二人の熱~いベースプレーにはウルルとなっちゃうワタクシ。とくにサカナクションは、ワタクシの出身地、北海道がルーツのバンドですから~。山口一郎さんは道産子の誇りですわ!と思ったら、ベースの草刈さんは東京の方だそうで・・・あちゃー。

さて、ここまでノリノリで音楽ネタを書きながら、ワタクシ、あることに気づいたのであります。

10月23日にアップした北海道土産「えぞからすみ」に関してです。食べた結果を未報告でした(10月23日の記事は→ここクリック)。

ということで、草刈愛美さんと植田典子さんへの想いはいったん棚上げして、「えぞからすみを肴に日本酒を呑んだハナシ」に方向転換しましょう(それにしてもテーマが違いすぎるな)。

おさらいですが、ワタクシが北海道の新千歳空港で購入した「えぞからすみ」はこれ。価格=756円也です。原材料はボラではなく、サメとかタラだそうで、それゆえかお値段が本家(?)の九州モノ(2000円~)に比べ、ぐっとお安くなっています。うーん、ここはポイントが高いな。

ezoka03.jpg
さて、肝心の味はどうであったか。某日午後4時。約5ミリ幅にカットし、皿に並べます。

ezoka01.jpg
おお、よい感じ。見た目は、九州のからすみと変わりません。期待が高まりますなあ。おっと忘れてはいけない。今回、合わせるお酒は、千葉県勝浦市の名酒、腰古井(こしごい)の吟醸辛口であります。

ezoka02.jpg
えぞからすみ、いただきました、

美味い!じゃん。最高じゃん。食感良し、塩気良しで、うはあ酒が進むわ~~。ワタクシとしては、本家の九州ものに全然負けてないと思います。ほらね、原材料の違いがなんだつうの。美味くて酒に合えばいいのよ!だから、これは大ヒット。ホームランと言っても過言じゃない。だって、値段が安いんだもん

以上、薄っぺらい感想で恐縮ですが、えぞからすみに大満足した、つう報告でした。ワタクシ、今後、北海道出張にいった際は、定番「鮭とば」と、この「えぞからすみ」を必ず買うことにします(きっぱり)。

【蛇足】

からすみに関する記事は、当ブログで過去にもアップしておりますね。約10年前の2010年、ワタクシの「からすみ愛」を吐露していた記事をご参考まで紹介します。(懐かしいな~)

港区三田のスペイン料理店「カサ・デ・マチャ」さんの、からすみ三種。ボラ、タラ、マグロ、ですな。これ、大好きなんですよ。意外に思うかもしれないけど、ワインにピッタリなんですよね~。(記事は→ここクリック)。

ezoka04.jpg
次は、出張みやげにいただいた台湾のからすみ。これも美味かったな~。くれたのは、当時(2010年)の呑み仲間で美人でしたな。今は一児の母。時が経つのは速い。(記事は→ここクリック)。

ezoka05.jpg






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飼い猫そら(生後8か月)は元気いっぱい。ますます人なつっこいのであります。 [家の猫]

2019年11月。

最近ブログにアップしていなかった飼い猫そら(生後8か月)の近況報告です。ずばり、

めちゃ元気、そして、人なつっこさが加速!であります。

sora11_02.jpg
家のなかじゅう、人の歩くあとをついてきては、隙あらば「撫でで~」とばかりにコロリンと転がるそら。

sora11_03.jpg
ワタクシが2階でパソコン作業を始めようものなら、音もなくあらわれ、窓枠手前で「何してるの?」と言いたげに私を凝視します。

sora11_05.jpg
それだけなら良いんだけど、そのうち、そらはパソコン・キーボードの上を歩き始め、PC画面は無意味な文字の羅列で埋め尽くされる・・・うーん、可愛いんだけどねえ、作業中は居間へ戻っていただきましょう。ごめんよ、そら。

さて、そらの「動くものを追いかける習性」は、あらゆる場面で発揮されます。TVのスポーツ中継番組はお気に入り。とくにサッカーが大好きです。TVの前に陣取ると、ボールや選手を追いかけて左右へ体を動かしながら、画面をパシ!パシ!と猫パンチします。こらこら・・・。

sora11_00.jpg
野球への食いつきはイマイチだけど、サッカーとテニスは大好物ですね。よおし目指せ、ネコ・フォワード!いや、両手を使っちゃうからゴール・キーパーのほうが適任か。

さんざん遊んだあとはワタクシのおなかのうえで、ウトウト→スヤスヤ、と眠りに落ちていきます。

sora11_01.jpg
何度か寝返りを打つうち、やっぱりこうなる、体があおむけ。やがて、おなかがペロン。

sora11_04.jpg
すっかり安心しきっているそらの姿に、ホント、可愛いなあ~~と、今日もメロメロの飼い主(=ワタクシ)なのであります。本日は以上!

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

秋田県の旅(その2)。キスリング展を再見。そして男鹿半島で極寒風に吹かれる。。。 [旅]

2019年11月。秋田県の旅、前回の続きです。「地酒買い」を完遂したワタクシ、素早く、次の目的へ向け展開します。

その目的とは、秋田県立美術館で、キスリング展を観ること、であります。

akita14.jpg
当ブログで既報のとおり、ワタクシ、キスリング展は、6月に目黒の東京都庭園美術館ですでに拝見しています。

しかし!However!

ワタクシのキスリング愛は、ひとつの会場で満たされるほどヤワなもんじゃあござんせん。展覧会が日本を巡回している限り、アイドルの追っかけじゃないけど、キスリングを追って、ワタクシも移動する。そしてこのたび秋田県立美術館へとやってきたのです。そう、

大好きな画家の作品は何度観ても良いのだっ!

つうか、展示作品が同じでも、美術館が変われば、建物や展示方法が異なり、新たな発見や感動を得られるのですな。展覧会の追っかけには、そんなスゴイ効能もあるんですぞぉ!(意味不明の自慢)。

とはいえキスリング展の感想は、6月記事とかぶるので、前回記事(→ここクリック)を見ていただくとして、ワタクシ、秋田県立美術館に掲げられた、別の画家の作品に感動したのです。こちらです。

akita15.jpg
おおよそ縦3メートル、横20メートルという巨大な作品。20世紀前半にパリで活躍した日本人画家、藤田嗣治(つぐはる)さん=レオナール・フジタによる「秋田の行事」(1937年)であります。

akita16.jpg
この絵が美術館の吹き抜け壁に常設されていて、その迫力・筆力・訴求力に、うむむむ!と唸った次第。ましてやキスリングさんと藤田さんは、パリで交友があったわけで、なんというジャストなコラボだろう。

藤田嗣治さんといえば、第二次大戦中、軍国主義を称揚するいわゆる「戦争画」を描いたことで、戦後、彼の画業全体までを否定するネガティヴ評価がありました。私は、芸術家の行為が、その作品すべての評価に及ぶべきではない、と思います。事実、大作「秋田の行事」と対峙して私が感じたのは、日本ローカリティ―に根ざしながら、普遍的な美をエネルギッシュに表現されているということ。フランスで活躍しながらも、日本への愛を失わない、むしろ心底日本を愛しているその心に痺れるのであります。戦争という国の一大事のなかで、その日本への愛が、どう発露されたか・・・と、だんだん話がややこしくなってきました。

なんだかカズオ・イシグロさんの小説「浮世の画家」を再読したくなりました。(同じ気持ちになった方、いませんかね)

さてさて、ハナシは秋田の旅に戻ります。

美術館を出たワタクシは、「道の駅、秋田港」へと向かいました。銀色に輝くタワーがあり、その展望階へ昇って、秋田の街を一望する、という趣向です。

akita20.jpg
あいにくの曇天、雨、強風で、風景を眺めるには最悪の条件でしたが・・・。

akita22.jpg
バカは高いところが好き、つうことでバカな私、100mの高さから景色を堪能であります。いいなあ~。

akita21.jpg
続いて向かったのは、秋田県の西側から海に突き出た男鹿(おが)半島。ナマハゲさんの本場ですな。

akita24.jpg
目的は半島の突端、入道崎(にゅうどうざき)を極めること。秋田市から、途中休憩をはさみながらレンタカーを走らせること2時間弱。入道崎に到着であります。

予想どおりではありますが、そこにあるのは、灯台、石碑、おみやげ屋さん。特段スゴイものがあるでなし、しかし、その虚飾を排したプレーン感がなんとも嬉しいじゃないですか。

akita25.jpg
冷たい強風がびゅーびゅーと吹き荒れ、正直、車から出たくなかったけど、ブログに乗せる写真くらい撮らんとね・・・と、短時間定格の気合を絞り出し、外へ出てパチリ。うはあ、寒い寒い。

akita26.jpg
以上、2回にわたり秋田の旅の報告でございました。なお、秋田の酒屋さんから宅急便で送った6本の地酒は、すでに自宅に届きました。先に買っていた富山の「満寿泉(ますいずみ)」を呑み切ってから、秋田の地酒をたっぷり味わう予定であります。本日は以上!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋田県の旅(その1)。鴨セリ鍋にココロがとろけ、地酒の大量購入だわあっ! [旅]

2019年11月。

このところ当ブログの更新が滞っております。理由は旅が続いているからでして、11月の旅程を振り返ると、6日は富山県。7~13日が北海道。14~16日が秋田県。18日が熊本県。19日が宮崎県。。。おお、日本全国すごろく旅であります。

本日紹介するのは、一番ツボにはまった秋田県の旅、であります。パチパチ。。。

秋田名物といえば、なんたって秋田蕗(ふき)・・・ちょっとマイナーですか。世間認知度は、やっぱりナマハゲさんでしょうかねえ。ハゲといっても髪はふさふさ、ハゲの意味が違うか。悪い子はいねが~~って、ありゃマジ怖いよね。対抗できる人材は「シャイニング」のジャック・ニコルソンくらいでしょう。

akita12.jpg
そして忘れてはいけない、秋田犬(可愛い!)、稲庭うどん。いやあ名物列記だけでも強力パワーが感じられます。秋田県、おおいに期待できます。

akita10.jpg
東京駅13:20発の秋田新幹線に乗り込んだワタクシ。約4時間の車中時間を無為に過ごし、秋田駅へと到着。時刻はすでに17時過ぎ、つまりは美味しいお酒の時間ですな。

こーなればホテルへ寄って荷物を置こうともせず、秋田市の飲み屋街「大町」へと直行です。駅から歩くこと15分。ワタクシにとって実に20年ぶりの大酒呑み、ならぬ大町呑み、であります。

お店は、事前に決めずに、外観つまり店構えで即断、紅からや(べんがらや)さん、でございます。

akita03.jpg
良い店は、店員さんの対応だけで良いと分かるもの。そして店内空気で分かるもの。間違いない、ここは、と安心しつつ、メニューを眺めると、嗚呼、ひっくり返りそうなくらい、これも食べたいあれも食べたいと思わせる内容。だがワタクシは知っている、「鍋」が必須であることを!

チョイスしたのは、鴨せり鍋、であります。秋田名産の比内地鶏への誘惑を断ち、あえて、鴨、つう男気あふれたチャレンジだぜ。結果は・・・勝った。かあさん、オレは勝ったよ。何に勝ったのか分からんけど。

akita01.jpg
せり、は関東であまり見かけませんが、東北では鍋具として大活躍する野菜。根の部分のしゃきしゃき感、ほろ苦さがたまらんです。ごぼうやネギとコラボさせ、そこに旨みたっぷりの鴨肉投入・・・どうするのよ、この幸福感!むろん秋田の地酒がすすむすすむ、うはあ、今日も呑みすぎじゃあ~(絶叫だ)。

肉と野菜を平らげたあとは、王道のシメの雑炊さ。うはあ、たまらん、生きててよかった、オレは。

akita02.jpg
満腹・大満足のワタクシは、これ以上の深酒は控え、秋田旅の第一日目を完了します。

akita05.jpg
さて翌朝。秋田でのミッションを完遂すべく活動開始。まずは、地酒買い、であります。向かうは早朝5時開業の秋田市民市場(秋田駅から徒歩10分)。

akita11.jpg
市場のなかの酒屋さん。日本酒の品揃えが充実してますな。敵に不足なし。うーん、しかし・・・あまりに酒の種類が多くって何をどう選べば良いのか分からんナ、とプチ困っていると、嗚呼、神はあらゆる場所におられるのだ。稲村亜美さん似の女神、じゃなく美人店員さんが親切に地酒を解説してくださるのです。

akita09.jpg
それも、よくありがちな「これが一番人気の商品です」つう付和雷同・世間迎合的な説明ではなく、酒蔵さんの特徴まで含めた渋い情報付きの本格派であります。相手が美人ということもあり、ワタクシ、即座にこの方に惚れた!そして、一生この方についていきます!と忠実な秋田犬よろしく、6本の地酒を購入しました。これでございます!

akita07.jpg
雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)大吟醸(約2500円)を筆頭に、関東でみかけないラベル+店のおねえさんのご推奨、という基準で選んだ6本。宅急便で自宅へ送っていただきました。

そう、旅とは、その地でのリアル体験だけでなく、家に帰ってから届いた地酒を呑みほすまでの壮大なる叙事詩なのであります。古人いわく、

家に着くまでが遠足です!

・・・ということで秋田の旅レポート第一弾。なんて幸せなんじゃ~~わしゃあ(しつこい?)。本日は以上でございます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北海道 室蘭市で、巨大な橋を眺めたあと、酒場の日本酒価格に困惑したハナシ。 [旅]

2019年11月7日(木)~13日(水)は、6泊7日の北海道出張。札幌→室蘭→札幌と移動しつつシゴトであります。

11月9日、10日は室蘭工業大学で開催された学会で、ゆる~く一件を発表した次第。ワタクシの発表後、会場の空気がモヤモヤしましたね。それは良いとして大学構内の紅葉が見事でした。赤と黄色がまぶしいです。

ohashi04.jpg
11月10日の午後。半日、体が空いたので宿泊ホテルのある東室蘭地区から、JR在来線で15分ほど移動した室蘭地区へと足をのばしました。これがJR室蘭駅ですね。

ohashi02.jpg
やって来た理由は、でっかい橋を眺めるためです。その橋とは、半島状に突き出した地域と、湾をはさんだ北側地域をつなぐ「白鳥大橋」です。下地図の黄色矢印。なんでも東日本で最大級の橋だそうで・・・。

ohashi06.jpg
室蘭フェリーターミナル近くのバス停から、路線バスに乗ること30分。水族館のある終点で下車します。

バスから降りたとたんに、お、なるほど!立派な橋が見えますな。あれが白鳥大橋でしょう。

ohashi05.jpg
ネットで調べれば、さらなる良好な眺望ポイントがありそうですが、強風でめちゃ寒いこともありワタクシはこれ以上の深追いはしません。この眺めで十分に満足・・・というか私はありきたりの景色を眺めても幸せ気分に浸れる安上がりな人間なので、橋もいいけど、シンプルなこんな風景が好き。

ohashi07.jpg
雲の合間から顔を出す太陽。光を反射する海。どうよ、この美しさ。嗚呼、わしゃ幸せじゃ~。

ohashi08.jpg
白鳥大橋の見学の件は以上であります。

さて、この日の夜。大学生時代(30年以上も前だ)に、1年後輩のK氏が室蘭に住んでおり、久しぶりに呑みに行きました。東室蘭の某居酒屋で合流、バカ話に花を咲かせました。で、問題は下写真の黄色矢印で示す日本酒の「値段」です。

ohashi11.jpg
店のメニューをみて、あれ?と思ったのでした。その箇所に赤で印をつけました。

ohashi09.jpg
お分かりでしょうか。

熱燗が、「二合」で320円、その横に、同じく「二合」で700円、とあるのは単純な書き間違えゆえ、ご愛敬として、ですよ。

問題は「一合で320円、二合で700円」という妙な価格設定。こちらは書き間違いではないようです。ツッコミどころは「一合を2回注文するよりは、まとめて二合オーダーしたほうが安くなるんじゃないの?」つうこと。たとえば「一合で320円、二合で620円」なら話は分かります。しかし、このお店は、二合で一合の「2倍より高い700円」になっている、なぜだ?

ohashi10.jpg
・・・という素朴な質問を、一応は店員さんにぶつけてみたのですが、反応は、サンドイッチマンのコントのような「何言ってるんだか分からない・・・」という体でして、質問した私のほうが「え?」と戸惑ってしまった。

結局、面倒くさいハナシはやめようぜ、と質問は引っ込め、ワタクシとK氏は、さらにダラダラと酒を呑み続け、このお店になんと6時間も居座る、典型的ダメ酔っ払い野郎となったのでした。ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とかげさん、改め、やもりさん、再び。。。 [日常]

2019年11月。

先月(10月)は台風やら大雨でワタクシの住む千葉県市川市も大変でしたが、11月になると天候も安定です。某日早朝、秋らしくピリッとした空気のなか、ご近所散歩へ出かけました。

選択したルートは、小塚山公園→博物館→北国分・・・と地元民しか分からんでしょうけど、歩く人がほとんどない(それゆえ実に気持ちが良い)お気に入りコースであります。と、家を出て10分もしないうちに、あれ?通行止めになっておる。

あちゃーー、スズメバチの巣が見つかって除去準備中ってことですね。

yamo00.jpg
そういえば、我が家の壁にも、スズメバチが2度巣作りしちゃったしなあ。まあ、この界隈が、のどかな田舎ってことでしょう(良い意味で)。

さて、本日のメインテーマ、いってみよう。林を歩いていて発見しました。電灯の固定ブロックのうえに、なにやら生き物がいるようです。

yamo01.jpg
生き物ウオッチャーのワタクシとしては、見逃すわけにはいかん!ので、そろりそろりと接近すると・・・

yamo02.jpg
これは!数日前、我が家の郵便受けで憤死したのと同種類の、とかげさん、ではないか!

yamo03.jpg
と書きつつ、ここで訂正とお詫びです。

10月25日の当ブログ記事(→ここクリック)で、ワタクシが「とかげ」と書いていた生き物、じつは「やもり」だったのですね。手足の指が、もみじのように開いているのは、やもりなんです。後で知りました。ここで訂正させていただきます。

今回遭遇した、ミニ恐竜のような御仁も、指が開いているので、やもりさん、であります。ワタクシに気づいてコソコソ逃げるでもなく堂々と居座っております。サイズは小さいけど、肝っ玉はでかいのね。

yamo04.jpg
お体の色や模様も手伝って、観るほどに恐竜っぽい。そして私は気づいたのであります。

お顔がなんともキュート!ということに。

yamo05.jpg
口角がちょっと上がって笑顔っぽくなってて、目は真っ黒でクリッとしております。なんと愛くるしい表情であろうか・・・。というわけで、本日のまとめは、繰り返しになりますが

やもりさん、可愛いなあ~。

でございました。ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アリーナ・イヴラギモヴァさんの弾く「ブラームス ヴァイオリン・ソナタ全集」の渋い色気にうっとり。。。 [クラシック音楽]

2019年11月。

本日は、書きそびれていたクラシック音楽CDの感想を書きます。8月15日に発売の

ブラームス ヴァイオリン・ソナタ全集(全3曲)

であります。演奏するのは、若手ながら世界トップレベルの実力と人気をあわせ持つデュオ、

アリーナ・イブラギモヴァさんと、セドリク・ティベルギアンさん

の美男美女コンビでございます。パチパチ。アリーナさんの陰影ある渋め音色のヴァイオリンに、よりそうようにセドリクさんのピアノがからむコンビネーションが、たまらん、のであります。

Brahms_ARINA_02.jpg
本日のテーマCD「ブラームス ヴァイオリン・ソナタ(全3曲)」については、CD発売前の7月26日に、当ブログで採り上げました(記事は→ここクリック)。その時点で演奏未聴ゆえ、感想ではなく、勝手な期待のみ、つうお寒い内容でございました。

しかし!いまのワタクシは、こう断言できるのである。

このディスクは、文句なしに素晴らしい!と。

BOCC05.jpg
その素晴らしさを語る前に、ちょいと前置きを書かせていただきます。お二人の演奏ではなく、ブラームスのヴァイオリン・ソナタという楽曲について、であります。

ブラームスといえば、交響曲や協奏曲など重厚で堂々たる作品が有名ですが、室内楽曲にも卓越した作品を多く残しておりますね。で、御大の室内楽曲の「感動ツボ」といえば、私が思うに、なんといっても、泣かせの美メロディ、ではないでしょうか。

これほどキャッチーで心に染み入る美しいメロディを、よく作れたもんだ、と呆れるほどの感動フレーズ。御大が心憎いのは、そのメロディを安っぽく連発せず、ここぞのタイミングでぶっこんでくるセンスなんですね~。

曲名を挙げるなら弦楽六重奏曲第1番(←鉄板ですなあ)、ピアノ三重奏曲第1番、ピアノ四重奏曲1番。クラリネット五重奏曲。クラリネット・ソナタ1番と2番・・・これらは、ブラームス作品の、とか、室内楽曲の、と限定をつけなくても、あらゆるクラシック音楽のなかで名作中の名作、と確信するワタクシでございます。

さて、ブラームスの室内楽曲には、そうした「美メロ系」と違う、ちょいと地味で、とっつきにくいタイプの楽曲群があります。チェロ・ソナタ、弦楽四重奏曲。そして今回テーマである「ヴァイオリン・ソナタ」も代表格だと思います。

美メロで聴き手をとろけさせないから劣っている、というのではなくブラームスさんがシンプルなヴァイオリン+ピアノという楽器形態で何を表現するかを考えた末の音楽なのでしょう。例外的に(?)、3曲のソナタのうち、第1番は美メロ系ですが、全体雰囲気はやっぱり渋い。。。

柱となる美しい主題をじっくり聴かせるより、曲の流れに乗って曲調や曲想が変化する、そのうつろいを味わう作品というべきか・・・。

それゆえプレイヤーにとっては、実にやっかいな楽曲と言えます。ベートーヴェンや、モーツアルトのヴァイオリンソナタとは違って、曲へのアプローチを絞っていないと、メロディを場当たり的に弾き流し、結果、とりとめのない演奏が出来上がる。エラソーに言わせていただくと、実際、有名ヴァイオリニストの録音でも聴き終えた感想が、嘆息のみ、ってことがありますもんね。(まあ、聴いているコチラの鑑賞力の不足なんでしょうけど)

まわりくどい前置きが続いてしまいました。すいません。

そんな扱いづらい曲に、アリーナさんとセドリクさんはどう向き合ったのか、てことです。CD開始し即座に「音楽に流されない、音楽を流さない」という彼らの決意がドカーンと表明されております。ソナタ第1番の冒頭の弱音部。ゴーンゴーンというピアノを背景に、待ってましたあ!と声をかけたくなる、アリーナさん独特の、かすれた木綿の肌触りの音が、繊細に第一主題が奏でます。そこにピアノがメロディをのせ、あれよあれよ、と最初の頂点がやってきます。

出鼻をくじかれた!やられた!と唸る間もなく、主題を出し入れしながら音楽は、加速・減速、上昇・下降を繰り返すわけです。アリーナさんのヴァイオリン、セドリクさんのピアノは決して勢いまかせになりません。歌心たっぷり、思い入れたっぷり、一音一音に陰影があります。主題が回帰する箇所では、厚い雲のあい間から、ぱあっと光がさすごとき陶酔感に浸り、もう、辛抱たまらんです!

ビロードのようななめらか美音を誇るヴァイオリニスト(←沢山います)より、いぶし銀の音色を駆使するアリーナさんがつむぐブラームスのほうが、なんと色気にあふれていることか!これぞ「渋い色気」・・・うーん、良いこと言った気になったけど、言った自分もよう分からん比喩やね。あ、有名な第1番について書きましたが、第2番、第3番も演奏テイストは基本同じです。

とにかくこのCD、掛け値なしの名盤です。泣くね、これは泣く。ワタクシが今年購入したCDのなかで圧倒的TOP1、だと申せましょう。

ちなみにこのCD。ソナタ3曲のあと、最後にクララ・シューマン作曲「3つの小品から、アンダンテ・モルト」が収録されているんです。ワタクシ、初めて聴きましたがチャーミングな曲ですねえ。ブラームス楽曲のアルバムに、クララの作品を添えるとは、なんと憎い演出でありましょう。うーん、あらゆる意味でオレは負けた!

以上、例によって、まとまりない記事だけど今日はお終いっ。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

鹿児島県志布志で、良いサイズの白きのこに遭遇したハナシ。 [きのこ]

2019年も、もう11月ですなあ。

個人的に、イマイチ秋らしさを感じないのは九州南部の出張が続いているためです。今週は平日3日間が宮崎県~鹿児島県でした。さすがは南国、暖かいんです。以下は鹿児島県の志布志(しぶし)で撮影したもの。まずは駅近くの公園で、

パトラッシュ・・・ぼくはもう疲れたよ・・・とつぶやくワタクシ。←若者に通じないネタですわな。

shiokaze00.jpg
年寄りの私は早起きゆえ、1時間半ほどの朝散歩を開始です。いくぞ!パトラッシュ!って、これ公園の置物じゃん。つう、つまらんノリツッコミの10分後、ワタクシが遭遇したインパクト物件はこれです。どどーん。

shiokaze11.jpg
保育園の送迎バス?でしょう。強烈ヴィジュアルにオーナーの気合いが感じられます。手抜き無しの本格改造車(あるいは特注車?)。正面のネコちゃんの、つぶらな瞳がたまりません。恐れ入りました。

次の事案。路上にふつーに立ってる樹です。幹や枝に、実か昆虫の卵か、小指先サイズの粒粒がビチーッとくっついているんです。その様子が、ちょいとホラー。ひいーー。

shiokaze10.jpg
10年ほど前、舞浜にある東京ディズニーランドの入口で、「アコウ」という幹にダイレクトに実がつく木をみて衝撃を受けましたが、こちらもその類でしょうかね・・・。

どうやら、志布志の街は、無難な地方都市を装いつつ、ネタの宝庫と観ました。そうなると出てきてほしいねえ、きのこさん。

散歩は続きます。足の向くままやってきたのは、大型トラックが行きかう殺風景なこんな場所。。。

shiokaze02.jpg
ここには「しおかぜ公園」という、とくに何もないがゆえに、ワタクシ好み、つう原っぱ+林エリアがあるのでした。

shiokaze01.jpg
出るんだよね、こーゆーところに。「きのこ」がね。もったいつける間もなく、ほら、ドドーン。

shiokaze12.jpg
種類不明の白きのこ。形よし、サイズよし、状態よし、でワタクシは歓喜であります。

shiokaze13.jpg
おっ、こちらも同じ種類か?シロウトの私には区別がつきませんね。

shiokaze14.jpg
これまた良いサイズじゃん。表面のブツブツも味わいですね。ウヒヒヒヒ。。。

shiokaze15.jpg
朝からしっかり歩いた甲斐がありました。それにしても朝飯も食わず、1時間半の界隈調査散歩です、

パトラッシュ・・・やっぱりぼくは疲れたよ・・・って、結局、それ言いたいだけじゃん!ちゃんちゃん。

shiokaze16.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とかげさんの残念な最期。我が家の郵便受けは爬虫類館ではないのですが・・・。 [日常]

2019年10月。

事前のご注意です。爬虫類(ヘビ、トカゲ)が嫌いな方は、以下記事を読まないほうが良いでしょう。北海道のイナカ育ちのワタクシには、どうってこたないハナシですがね、そーゆー生き物をみると「ギャー」と叫んじゃうヒトも世の中にはいるそうですので、念のためのアラームです。ところで、最近は女性だけでなく、男性にも多いようですね、爬虫類や蜘蛛、昆虫が大嫌いつう人。ぼくらはみんな生きている~♪ と小学校のときに歌わなかったんでしょうかね。

さて某日のこと。朝刊をとろうと、早朝、自宅の郵便受けの正面扉をあけると、ボックス内に、なにやら妙なものが垂れ下がっております。

おや、なんじゃあ?と、上の蓋(新聞を投函するときに投入口ですな)を開いてみると、その正体が判明しました。

tokage01.jpg
とかげさん、であります。垂れ下がっていたのは、ヤツのしっぽ。で、ご本人は、すでにお亡くなりになっておりますね。南無阿弥陀仏・・・。

tokage02.jpg
昨日夕方に、とかげさんの姿はありませんでした。そして、死体に若干のぬくもりが残っていることから、死亡推定時刻は午前4時頃・・・って変温動物なので体温はないか、話を盛ってしまった、失礼。

さあて、この現場で何が起きたのでしょうか。すばしっこいトカゲさんを殺害(?)するとは、ゴルゴ13レベルのプロの仕業か?と、無駄に話を長引かせちゃいけません。

真相はこうでしょう。朝刊を届けた新聞配達の方が、とかげさんの存在に気付かず、勢いよく上蓋を開けたんでしょう。蝶番(ちょうつがい)箇所で、蓋とボックス本体が接近するので、そこにいた彼(彼女?)はガシッと挟まったのですね。

とかげさんのお体が一反木綿のように平べったくなっていることから強烈な圧力がかかったようです。「アウチ!」とか「やめて!」と叫ぶ間もない即死でしょう。最期に苦しまなかったことが、せめてもの救い。スパッとした死にざまであります。嗚呼、南無妙法蓮華経・・・。

tokage03.jpg
しかし、こんなジャスト・タイミングってあるんですね。とかげさんとて漫然と寝ていたわけではないでしょう。通り抜けようとしたまさにその瞬間、バタンと蓋があいて憤死。四文字熟語でいえば、盲亀浮木(もうきふぼく)ってやつ。おっと知識をひけらかしてしまった。

そういえば同じ郵便受けに、3年前、この方も来られましたっけ。そのときの写真です、ドーン。

hebi01.jpg
へびくんであります。前回はへびで、今回はとかげ、かあ。

hebi03.jpg
我が家の郵便受けは、爬虫類館かよっ!

ちなみに3年前、へびくんは、たいへん元気で、あろうことか郵便受けに居座ろうとしたので、ワタクシが体をつかんで引っ張り出そうとしたのです。そうしたら、上蓋の蝶番のところにへびくんの体が挟まって、へびくん「いてえだろ!丁寧に扱えよ!」と大層ご立腹でした。そう、挟まったのはとかげさんだけではないのだ、歴史はこうして繰り返す。ああ無情。へびくん、あのときの恨みをはらそうと、巨大アナコンダになってワタクシを襲わないよう、くれぐれもお願いしますよ。

要するに、一番の問題は郵便受けの構造か!?ってハナシが完全にずれました。本日は以上、チャオー。。。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北海道土産の「えぞからすみ」のエクスキューズ感に、むしろ味への期待が・・・。 [宴会、呑み会]

2019年10月23日。

TVの多くの報道番組で、ラグビー日本代表の方々がゲスト出演しております。引っ張りだこですねえ。ワールドカップでの大活躍(初のベスト8)に日本国民が熱狂しているのだね、オレも盛り上がるぞぉ・・・と言いたいところですが、

ワタクシ、ラグビーってルールすら良くわかっておらず、まったく興味がないのでした。てなわけで、その件、冷めきっているのでした、ごめんなさい。まあ、ワタシごときが世間のお祝い気分に水をさしちゃいけません、失礼しました(今日は謝罪が多いなあ)。

ところでスポーツでありがちなパターンに、特定の選手やチームが活躍して(または活躍を期待されて)、瞬間風速的にガーッと世間が注目して盛り上がり、その舌の根も乾かぬうちにパタッと忘れ去られる「はかなさ」「落差」の風景を目の当たりにすることがあります。実力の世界だから、勝てなければ忘却の彼方に消えるのは定めなのでしょう。そう、ニッカネンにはもっと活躍してほしかった・・・って何十年前のハナシだよ。

しかし・・・ビーチバレー(の美人)とか、ハンドボール(のイケメン)とか、カーリング(の方言)とか、ハンカチ(の王子)とか、あれ、最後のはなんか変だね、いずれにしてもマスコミ主導で、盛り上がりっぷりが派手なほど、あととの落差が大きいわけで、ラグビーは、どうかそうなりませんよう。日本ハムの清宮さんと吉田さんも頼みますぜ・・・はい、またぞろ大きなお世話ですね。すいません。

あれ、今日はこんなことを書きたいのではなかった。

数日前、北海道の新千歳空港で、こんなお土産(自分に対して)を買いました。その話です。

物件はどどーん。えぞからすみ、であります。

ezokarasumi01.jpg
ワタクシ、出身が北海道ながら、不勉強で、えぞからすみの存在を今回はじめて知りました。

からすみといえば長崎県が有名です。ボラの卵巣を塩漬け→天日干しした高級珍味であります。ワタクシの大好物。たらこをひらべったくしたような形状で、12センチくらいの長さでもお値段3,000円くらいしますよね。ひーーー。

いっぽう「えぞからすみ」は、お値段が破格の756円。長崎県からすみと比べて超・超・お買い得品なのであります。ひゃほーー、やはり海産物は北海道ってことか、と喜びつつも商品を仔細に眺めると・・・

えぞからすみ、の文字の脇に「風味」という文字が添えられております。形状はからすみだけど、からすみではなく、あくまで「からすみ風味」の別モノだ、とエクスキューズしてるんですね。

原料についてです。「ボラ卵ではなく、さめ、たらの卵でつくった」ことをご丁寧に明記しているのであります。

ezokarasumi03.jpg
からすみ=ボラが原料、と定義されているわけでなく、まぐろのからすみ、も世の中にはありますぜえ。ですから本品も「からすみ」で良いのであって、養殖物を、天然と偽っているわけでなし。。。原料の違いはしっかり伝えるとして、少なくとも「風味」という文字は余計ではないか?「えぞからすみ」なんだからさあ・・・と疑問が次々に沸くワタクシ。

ちなみに、兵庫県の「赤穂の塩」は、原材料がオーストラリアだったりしますもんね、って、ちょっと話が違うか。

そうかあ、こりゃあ食べてみないと、何とも言えないですな。

食べてみて、え?これ、からすみじゃないしょ?と違和感いっぱいなのか。そのあたりが判断基準でしょう。というわけで今晩は「えぞからすみ」をつまみに、北海道釧路の地酒「福司(ふくつかさ)純米吟醸」をグイッといただくことにしましょう、ウフフ・・・って、酒がメインのように書いちゃった。

すいません、本日は以上。ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

生後4か月、飼い猫そらがキャットタワーの頂上を極めた日。 [家の猫]

2019年10月。

我が家の新しい家族、三毛猫のそらが生後4か月を過ぎて、ますます活発・・・というかワイルドに、家中を走り回っているのでした。朝晩はワタクシを相手にミニボールでサッカー。ワタクシが放つ高速?シュートに対し、そらは素晴らしい反応でパシッとボールを受け止めます。おお、ゴールキーパー猫だっ!

さて、有り余るそらのエネルギーを発散させようと、新グッズが我が家に導入されました。「キャットタワー」であります。頂上ステージ部分の高さは、私の目線くらいあり、ちょっとした構造物です。高いところに登りたがる猫に、登る対象を与えるというわけですな。フムフム。

sorara02.jpg
そらの反応はどうでしょうか。キャットタワーをチラッとは眺めたものの、ソファのうえで、だらけるほうがお好きのよう。

sorara04.jpg
とはいえ、遊び好きで、好奇心いっぱいの子猫ですから、ほどなくキャットタワーの低層階に寝転んだり、爪を立てたり・・・。

sorara03.jpg
この調子でいけば、近いうちにタワーの頂上を極めるだろう、と期待が膨らみます。

sorara01.jpg
その後。結論を言っちゃうと2日も経たないうちに、そらは頂上ステージにすぽっと収まって、マッタリとくつろいでいるのでした。

sorara00.jpg
意外とあっけなかったね。いまやキャットタワーの頂上ステージは、やつの大切な休憩場所、睡眠場所になっているのでした。ムフフフ。

sorara05.jpg
顔を近づけると、そらは私の鼻さきをペロリとなめてくれます。お返し要求と言わんばかりに、コロリとひっくり返り喉元を撫でてほしがる・・・ううっ、やはり可愛いな!今日は以上です。チャオー。。。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

鹿児島県 志布志(しぶし)でO君と博多ラーメンを満喫したハナシ。 [宴会、呑み会]

2019年10月15日~17日は九州出張でした。

16日は宮崎県の現場仕事、その日は鹿児島県の志布志(しぶし)に移動して宿泊であります。

旅の同伴者は、30代前半の(ワタクシからみると)バリバリ「若手」エンジニアO君であります。志布志駅近くのビジネスホテルにチェックインしたO君とワタクシ、夜6時にホテルロビーで待合せです。さあて、楽しい楽しいお酒の時間だよーん♪ てなわけで、いつもの焼鳥屋さんへ直行だあ!

鹿児島県だからといって安易に焼酎には走らんぞ!つう固い意志のもと、「日本酒」としか記載されていない銘柄不明の酒を熱燗でいただき、焼鳥の串をどどーんと注文しますぜ。ワタクシが、ねぎま、皮、手羽先、を注文する横で、O君の串注文は、ししゃも、ソーセージ・・・って、あのねえ、君ねエ・・・。

sibusi01.jpg
2時間ほど飲み食いし、すっかり浮かれ気分のO君とワタクシ。1軒目の店を出て、へらへら市街を歩いておると、O君がこんなことを言う、「あのう、僕はもう酒は要らんです。ラーメン食いたいっす」・・・嗚呼、ノンベイ(私のこと)をガッカリさせるなあ、一晩に飲み屋2軒はデフォルト、いや3軒でしょうよ。

まあ良い。ラーメンもよかろう。

明日も仕事があるからね、飲み過ぎは厳禁だよ、O君!とハナシがアベコベになったところで見つけました。ラーメン屋さん。赤い看板が何とも言えませんなあ。

sibusi06.jpg
ありゃ?こちらの「のんき屋」さんは居酒屋なんですね。看板に焼鳥と書かれています。外に出ている焼鳥メニューをみると・・・うわ、こりゃ安い。1軒目からこちらの店にすれば良かったかな?と今更言ってもしょうがないね。

sibusi07.jpg
店内のザワザワ感も心地よく、O君がピースサインを出しております。

sibusi02.jpg
ワタクシが注文した、きくらげラーメンが登場です。ああ、この普通の感じがたまらないのよ。優しい味だわ~。

sibusi04.jpg
入店時から嬉しそうなO君は、ラーメンを前にいっそう笑顔になっております。幸せそうじゃなあ~。

sibusi03.jpg
ラーメンを完食、満足のO君とワタクシ。のれんをくぐって外に出ると、秋の風が気持ち良いぜ。おっと、O君、ここでもご満悦の表情だ。

sibusi05.jpg
いやあ、楽しかったなあ、鹿児島県志布志の夜!美味かったなあ、鹿児島県で食べた博多ラーメン。

あれれ、そういえば世の中に「鹿児島ラーメン」ってあるんでしたっけ?突然、疑問がわいたのですが、まあいいや、そのうち鹿児島市内の繁華街で探索だ・・・って、ネットじゃなく実地検証かよ!本日は以上。チャオー。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

朝、夕の、普通の景色にうっとり・・・。 [日常]

2019年10月。

関東はやっと秋らしい涼しさ(ちょい寒いね)になってきました。晴れた日は、夕焼け、朝焼けが美しいです。

ワタクシ、観光名所のインスタ映えする景色より、日常の、ご近所の、ごくフツーの景色が好きなのです。生きてて良いことと言えば、そーゆーフツーで当たり前のこと(もの)を「ああ、最高だ・・・」と思える瞬間ですね。

というわけで、最近のお気に入り景色であります。

某日。江戸川河川敷からの夕焼けです。スカイツリーと富士山がいっしょに写っております。

kono03.jpg
某日。早朝。京成線の国府台駅のホームから。

kono01.jpg
ああ、街並みの向こうから朝日が昇る・・・。

kono02.jpg
某日。宮崎県への出張。羽田から宮崎へと飛ぶヒコーキから撮った、雲の上の夕焼け。

kono04.jpg
よおし、週末は、美しい朝焼け風景ときのこを求めて早朝散歩だあ!と気合を入れたら、土日の関東はまたぞろ雨だそうです。人生、思ったようには進みませんな・・・って、そんなおおげさな話かよ!と自分にツッコんで今日はお終い。チャオー。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の15件 | -